So-net無料ブログ作成

俵山昌之 Masayuki Tawarayama (b) [プロフィール / Profile]

 
0039.jpg【プロフィール】
 
 1963年生まれ、東京都出身。
 中学生よりギター、高校生よりエレキベースを始める。19歳でウッドベースを始め、ライブハウス等で活動し始める。
 26歳の時、益田幹夫(p)トリオで初レコーディングし、その後多くのミュージシャンと共演する。
 主な共演者は、大野雄二、渡辺貞夫、日野皓正、山下洋輔、MALTA、TOKU、小林桂、等。

 現在、TOWER STATION (タワー・ステーション) のリーダーを務めるほか、納谷嘉彦サムライ・ビバップ・トリオ、五十嵐一生カルテット、岡淳 (まこと) カルテット、福井ともみトリオ、中川ひろたかグループ 等のグループで活躍している。
 アンサンブルを重視し、力強く安定したビート、洗練されたベースラインは、共演者からも高く評価され信頼されている。

 2010年、「スイングジャーナル」誌 ベース部門 人気投票で7位に選出された。

 また、ベース教室 (個人レッスン) も開催している。
 
 
 
Masayuki Tawarayama, born in Tokyo in 1963, started to play music when he was in middle school, and his first instrument was the acoustic guitar. He then took up the electric bass guitar when he was in high school. By age 19, he had started to play the double bass as a pro.
His first recording was at age 26 in the Mikio Masuda trio, led by Mikio Masuda on the piano and accompanied by Masahiko Osaka on drums.
Tawarayama has played with a number of prominent players including Yuji Ohno, Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Yosuke Yamashita, MALTA, TOKU, and Kei Kobayashi, among others.

Recently, Tawarayama leads the TOWER STATION quintet. He also performs in the Samurai Bebop Trio, the Issei Igarashi Quartet, the Makoto Oka Quartet, the Tomomi Fukui Trio, and the Hirotaka Nakagawa Group.
Those who play with Tawarayama highly appreciate that his performance is very much reliable for its stable beat and elegant bassline.

In 2010, Tawarayama was chosen the seventh most popular jazz bassist in the annual survey conducted by "Swing Journal", a Japanese leading jazz magazine.



【使用している楽器】
  ・ウッドベース - 約150年前のフランス製 (製作者不詳)
  ・エレキベース - フォデラ・インペリアル、[フレットレス] クルーズ・ジャクソン・ファイブ